検索
[商品コード] 2150001
著者 水澤 都加佐
発行 春秋社


四六判/196頁
初版 2016年6月
ISBN 9784393365410

【解説】
いつも相手に尽くしてしまう。大切にしたい、大切にされたい思いが強すぎて、うまくいかない…。
共依存は、夫婦、親子、職場関係、どんな間柄でも起こりうる「自己喪失の病」。

依存症や家族問題、アダルトチルドレンをテーマにとりくんできた著者による、「共依存」を題材にした集大成的著書。
臨床経験を基に仕組みを明かし、解決策を提示。

恋人・配偶者との関係に苦しんでいる人。
親子関係がどうにもしんどい人。
頑張りすぎて燃えつきそうな介護中の人や看護職の人……。
いつも同じ問題にぶつかっているというあなたに、親身に語りかけ、脱出の一手を指南します。
回復のためのワークシートを多数掲載。


【目次】

まえがき 「自分よりも相手が大切」の落とし穴

第1章 共依存とは何か
 共依存という言葉がさすもの
 言葉が現実を変える
 奥型的な行動パターン
 境界線があいまいになっていませんか?

第2章 アダルト・チャイルドと家庭環境
 影響されてしまうのはなぜ?
 アダルト・チャイルドと共依存
 依存症の親が子どもに与える影響
 共依存に発達するプロセス
 抑圧はいつしか地雷に
 過干渉が子どもを傷つける

第3章 恋愛依存
 恋愛依存=共依存の愛?
 なぜ悩むのはたいてい女性なのか?
 依存症とは何か
 快感は摩耗する
 相手との距離、適切ですか?
 典型的な行動パターン
 恋愛依存症の事例
 恋愛依存に陥るしくみ
 再び近付けば元の木阿弥

第4章 援助職の人が知っておくべきこと
 共依存への取り組みは不可欠
 「やるべきこと」と「すべきではないこと」
 燃えつき症候群とは何か
 援助職を続けていくために知っておくべきこと

第5章 問題の根本と向き合う―― 自分の喪失体験を見つめよう
 悲しいのに怒ってしまう理由
 涼しい顔の裏には……
 自己否定感は散弾銃
 喪失体験と向き合う――― グリーフ・ワークの意味
 「さようならのない別れ」と「別れのないさようなら」
 「未完の仕事」とは何か
 過去を実体のあるものとして受けとめるには


終章 回復への道のり
 回復とは何か
 現状を変える必要性を認識する
 自分の資質とパワーに気づく
 成育歴を見つめなおす
 インナー・チャイルドと対話する
 喪失体験に取り組む
 自分のニーズに注目する
 みすてられ不安に取り組む
 健康的な境界線を身につける
 決意がゆらぎそうになったら
 怒りをマネージメントする
 親に対する怒りをどうすればよいか
 受けとめ方を変える
 現実的な言葉で上書きする
 セルフケアをする
 自助グループに参加する
 やりすぎない
 悪魔のささやきに乗らない
 最後に

あとがき 今、踏み出そうとするあなたへ
価格
1,836円(税込)
(税抜価格1,700円、消費税額136円)
在庫希少
5営業日以内に発送
アスク・ヒューマン・ケア・オンラインショップ