ここをタップして検索
[商品コード] 1315001
著者 木村久子
発行 アスク・ヒューマン・ケア


四六判/96頁
初版 2004年11月
ISBN 978-4-901030-13-7

【解説】
「失敗した!」「また頭にきて言いたいことが言えなかった」「何でわかってくれないんだろう?」
「本当は断わりたかったのに」……そんなふうに、コミュニケーションでストレスを溜めていませんか?
アサーティブネスは、自分の感情や考え方を伝える自己表現、自己主張の方法。
アサーティブジャパン認定講師の木村久子が、「対等」「率直」「誠実」「自己責任」をキーワードに
35の人間関係の難問に挑戦!
くじけないコミュニケーション法を紹介。
【目次】
1.身近な相手にまっすぐ向き合う(自分の望みを相手に伝えるコツ8)
2.批判されたら、どうする?(批判を上手に受けとめるコツ5)
3.家族の言葉がグサッとくるとき(身内からの批判に傷つかないコツ5)
4.ムカッときたときの対処法(怒りを上手に相手に伝えるコツ5)
5.ノーと言って、境界線を引くには?(ノーと言うときのコツ7)
6.プラスの気持ちを伝えよう!(プラスの気持ちを伝えあうコツ5)
アサーティブ・トレーニングの基本
【アサーティブ・トレーニング】
アサーティブネスの考え方に基づいて、自分も相手も大切にするコミュニケーション法を学ぶトレーニングのこと。 →もっと詳しく見る
【木村久子のプロフィール】
アスク・ヒューマン・ケア・ライフスキル・センター室長。アサーティブジャパン認定講師。1994年、アスク・ヒューマン・ケアに入社。以後、研修相談室チーフ・コーディネイターとして、海外研修・来日ワークショップをはじめ各種の研修をコーディネイトしつつ、アメリカのベティ・フォード・センター、メドーズで家族問題等についての研修を受ける。1999年、子どもの虐待防止CAPのトレーナー初級講座修了。アサーティブジャパン主催アサ―ティブ・トレーナーコース修了、トレーナーとして正式認定。
木村久子のページへ
価格
1,100円(税込)
(うち消費税額100円)
在庫あり
5営業日以内に発送
数量
アスク・ヒューマン・ケア・オンラインショップ